2017年12月12日火曜日

12/12例会:AEDの使い方講座

第1329回例会(丸森年度第21回)

2017年12月12日(火)12:30~ ハイジアパーク南陽

臨時総会

黒澤信彦次期幹事より理事指名委員会の報告
和田廣君はパストガバナーであるため、いかがなものかと異論が出たため、再度指名委員会を開き鈴木俊明君を次年度理事として指名いたします。
採決の結果承認

臨時総会終了

丸森英一会長挨拶

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

幹事報告 横山仁幹事

  • 地区補助金の報告書を地区事務所に提出し承認されました。ご協力ありがとうございました。
  • 理事会の報告
    1. 菅野エレクトが病気のため長期休会となりますので、臨時理事会で副会長が次年度会長に変更となりました。幹事はそのまま黒澤さんとなります。
    2. 1月から3月までのプログラムの件、承認となりました。
    3. 忘年会の南陽市役所に歳末助け合い金額の件、前年同様3万円。
    4. 黒田さん退会の件承認となりました。
    5. 南陽市中学校弁論大会の協賛金5,000円で承認。
    6. OB会は当クラブの忘年会に招待はしない。

出席優秀ロータリアン表彰

昨年度の長谷川憲治ガバナーより10年皆出席表彰
鈴木晃市君
おめでとうございます

スマイル

  • 鈴木晃市君・・・11月欠席が続きました。
  • 丸森英一君・・・ネクタイを忘れてしまいました。
  • 川井利幸君・・・次年度の会長を務めることになりましたので、皆様の協力をよろしくお願いします。
本日3名、合計4千円のスマイルが集まりました。全て社会奉仕事業に使われます。ありがとうございました。

本日のプログラム AED(自動体外式除細動器)の使い方講座

置賜広域行政事務組合消防本部 南陽消防署 救急救命士 高橋正和様
参考リンク
全国版救急受診アプリ (愛称「Q助」)
http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/filedList9_6/kyukyu_app.html

2017年12月5日火曜日

12/5例会:新入会員卓話 菊地陽一君

第1328回例会(丸森年度第20回)

2017年12月5日(火)12:30~ ハイジアパーク南陽
 

丸森英一会長挨拶


今日は、11月30日の山形新聞の気炎に嬉しい話が掲っていたので紹介いたします。
  「白竜湖」演奏会
南陽讃歌「白竜湖」の演奏会が南陽市制50周年を記念してシェルターなんようホールを会場に先日開催された。「白竜湖」は11曲からなる大曲で、オーケストラとともに演奏された。このような讃歌をもつ市町村はきわめてまれである。南陽市にとって大切な財産と言える。知られることの少なかった南陽讃歌を発信する上で今回の演奏は大きな意味があった。
終演後「すばらしい」 「感動した」 「涙か出た」 「演奏者の心が伝わった」という賛辞が相次いだ。演奏者からは「涙を流しながら歌った」 「もう一度歌いたい」 「楽しかった」という感想があったと伝え聞いた。歌い手と聴き手の心が深いところで結び合い、響き合った、印象的な演奏会だった。
合唱団員180人中、半数以上が合唱に初挑戦だった。よくぞここまで上達したものである。指導陣は、多くの人が参加できるよう練習曜日を固定しないこと、遅刻者や欠席者がいても寛容な態度で接することを心掛けて取り組んだと話す。また、3年前から準備に取り掛かったとも伺った。成功の裏にスタッフの努力があった。
南陽市に新ホールができて全国的なアーティストの演奏を次々に身近で聞けるようになった。それが市民に文化的な刺激を与え、市の賑わいにも大きく貢献しているのは間違いない。同時に、市民の、市民による、いわば草の根からの文化活動にも十分に目配りをしなければならないだろう。貸し館的な文化活動だけでは文化は育たないのである。市民の手で創られた「白竜湖」演奏会はその重要性にあらためて気づかせてくれた。
これは鈴木俊明君がコアの一人となってやった事業と思います。ロータリーの目的の第3ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々奉仕の理念を実践すること。にまさにあてはまる活動だと思っています。

幹事報告 横山仁幹事

  • 12月のロータリーレートは1ドル112円です。
  • 年末年始の事務局の休みは12月28日から1月4日までとなります。
  • 例会終了後定例理事会がありますので、理事の方はお残り下さい。

年次総会 次年度理事・役員選挙

議長 丸森英一会長
出席20名(33名中) 南陽東ロータリークラブ細則第5条第3節により定足数を満たす。

理事指名委員会 本田義則委員長より指名委員会 の報告

11月17日18:30よりエストにて理事指名委員会
高橋正一君,鈴木常雄君,長嶋俊二君,高橋則雄君,本田義則君,黒澤信彦君の6名(菅野欣一郎会長エレクトは体調不良のため欠席)で次の4名を理事として推薦指名。
副会長に鈴木常雄君、三大奉仕部門理事として鈴木晃市君,和田廣君,本間宗一君。

承認の採決の結果:4名全員当選

次年度執行役員の発表

本来は菅野欣一郎会長エレクトが行うが欠席のため丸森会長が代行
会長:菅野欣一郎君 / 直前会長:丸森英一君 / 会長エレクト:川井利幸君 / 幹事:黒澤信彦君 / 会計:大竹一晴君 / SAA:本田義則君
それに本日決定した
副会長:鈴木常雄君 / 三大奉仕部門理事:鈴木晃市君,和田廣君,本間宗一君

以上で総会終了

委員会報告

  • 親睦委員長 佐藤文男委員長・・・12月19日の忘年会例会の案内。出席の返答まだの方お願いします。
  • 後藤利昭君・・・来週の例会のご案内。12月は疾病予防と治療月間。AEDの講座を行います。是非出席を。

12月の会員誕生紹介

佐々木俊君、桑原利博君(欠席)
おめでとうございます


「ロータリーの友」見どころ紹介

ロータリー情報委員会 高橋正一 委員
疾病予防と治療月間特集、バングラディシュの状況。鹿沼東RCの例会で行う血圧測定/「人はがんとどう向き合うのか?」垣添忠生氏/など

スマイル

  • 佐藤文男君・・・忘年会例会、欠席の為。
  • 本田義則君・・・風邪で声が出ないのは大変です。
  • 丸森英一君・・・初めて皆出席の表彰を頂きました。
  • 後藤利昭君・・・高橋正一さんの眼の治療(眼精疲労)をしましたのでスマイル。
  • 和田廣君・・・早退をさせていただくため。
  • 鈴木常雄君・・・次年度の理事 宜しくお願い致します。
  • 本間宗一君・・・次年度の理事に推薦されました。
本日7名、合計1万5千円のスマイルが集まりました。全て社会奉仕事業に使われます。ありがとうございました。

本日のプログラム 新入会員卓話

菊地陽一君
(概要)
祖父の創業から約70年。皆様にもお世話になった父 菊地新一郎が後を継ぎ、現在私が代表。南陽市は「菊といで湯とぶどうの里」。ぶどう生産は山形県は山梨・長野に次いで3位。その中でも南陽市は県内有数の産地でデラウエアは置賜が日本一。出荷ピークは昭和40年代後半から50年代初頭。現在急激に生産が減少し大きな問題。ぶどう生産は手間がかかり傾斜地で効率化が困難。高齢化に伴い生産が減少。出荷をしている当社は生産が減れば売り上げが落ちる。生産者と消費者の間に立つ当社が何をするべきか考えている。生産者を支援し手を取り合っていけないか。先日のロータリーセミナーで「究極の利他」を教わった。誰かのために私たちが何ができるか、それが企業発展の鍵。
6・7・8・9月の4ヶ月で1年の売り上げの7割占める。冬は県外の果物も扱う。イチゴの女峰はジャムに合い工場用に契約・納品している。山形県はサクランボやラフランスは全国の7割のシェアがあり、力になりたい。
いろんな会の役員をしている。「生き方まっすぐミーティング」で地域の標語を作るディスカッション。子供たち4人に聴いた「赤湯は好きですか」に全員「はい」。持っている夢を好きな赤湯で実現出来るか聞くと全員「できない」。夢をかなえられる街にしていくのも自分たちの務め。
父は63歳で亡くなった。2年間闘病。その2年間があったのがありがたかった。喧嘩が出来たのが良かった。
良くも悪くも時代は動く。時代に対応しながら、人に頼られるような会社になりたい。
祖父が亡くなったのは阪神淡路大震災の年。父が亡くなったのは東日本大震災の年。自分は長生き出来るように努めたい。
なお一層のご指導ご鞭撻をお願いします。ありがとうございました。

本田義則君よりコメント

私も南陽市に来て37年ほどになるが、お父さん菊地新一郎さんに大変お世話になった。いろんなところに連れて行ってもらい、多くの知り合いを得た。非常に面倒見の良い方だった。感謝しています。
先週の例会で南陽市農林課の山口氏の話でも、ぶどう生産の厳しい状況を聞いた。少しでも地域を盛り上げるために出来ることをしましょう。


和田廣君よりロータリーのこれから

例会は毎週なくても月2回でも良いなどの動きがある。またeクラブなども評価されてきている。ロータリーも変わろうとしている。会費を安くして会員を増やす話もある。菅野会長エレクトも考えている。どうしたら発展できるか皆さんと一緒に議論をしていきたい。



2017年11月28日火曜日

11/28 IM慰労会

IM慰労会

2017年11月28日(火)18:30~ 金田屋魚店
10/15に行われたインターシティミーティングの慰労会が行われました。
お疲れ様でした。
サプライズ!! 誕生日おめでとうございます!

11/28例会:ゲスト講話 市農林課山口氏 市のぶどう栽培・ワイン生産

第1327回例会(丸森年度第19回)

2017年11月28日(火)12:30~ ハイジアパーク南陽

ポールハリスフェロー認証 鈴木常雄君


丸森英一会長挨拶

昨日、今日は小春日和とも言える日が続きましたが、週末の天気予報はまた雪のようです。また西高東低の冬型の気圧配置が続くのかと思うと、気が滅いってきます。私は幼い頃、最近はあまり聞く事が無くなった言葉ですが腺病質といった体質でした。当時私が両親と共に住んでいた場所は道路に面していました。雪が積もると雪を踏む音が聞こえてきました。風邪をひいた夜などは雪を踏みしめるザクザクと言った音が気になり、父親などによく人が歩いているなどと言っていました。後年になって人から教えられた訳でもなく気付いたのは、その当時聞こえていた音は頸動脈を圧迫されて出た音だったのです。のっけから暗い話で申し訳ないのですが、どうしても新聞、特にテレビは視聴率第一ですので、座間市の殺人事件とか、日馬富士の暴行事件などもかっこうの話題として毎日の様に放映され続けています。そうした中で明るい話題を見つけ出し各事業所で生かしていくのが、リーダーの大事な使命ではないかと思い及びました。
ロータリーが関係する事では、当クラブの大型絵本の贈呈、及び読み聞かせが山形新聞に掲載されたこと、インターシティーミーティング(IM)の慰労会が本日開かれる事などが思いつきます。是非IM慰労会には、自己負担金1,000円に比べ慰労会の意味での祝宴となりますので参加頂きたいと思います。以前当クラブの会員であった金田屋さんでの慰労会ですので、大変おいしい料理、お酒をいただきたいと思います。思いきり楽しい一足先の忘年会を楽しんで下さい。

幹事報告 横山仁幹事

  • 11月12日の地区大会の欠席者のプログラムをポストしました。
  • 今日の例会後、会長・副会長は残って下さい。

スマイル

  • 鈴木俊明君・・・一昨日の日曜日に南陽市制50周年記念演奏会で歌いました。新しい市民文化会館のステージで初めて歌いましたが、音響が良く気持ちよく歌えるホールでした。協賛会社の企業年齢が紹介されていて、黒澤ファームさんの456歳に圧倒されました。
  • 鈴木常雄君・・・ポールハリスフェローいただきました。
  • 高橋正一君・・・市制50周年で混声合唱団(鈴木俊明さん、濱田さん参加)の歌声を聞いて感動!
  • 高橋眞己君・・・山口さん御苦労様です。
  • 黒澤信彦君・・・企業創立13年なのですが、黒澤家としては私で21代になります。
  • 飯塚一博君・・・農林課山口さん、本日の講話よろしくお願いします。
本日6名、合計6千円のスマイルが集まりました。全て社会奉仕事業に使われます。ありがとうございました。

本日のプログラム ゲスト講話

南陽市農林課 地域産業振興主幹 山口広昭 様
(概要)
南陽市のぶどう栽培は約370年の歴史がある。/大正初期頃の収益は1反あたり132円、米は1反40円であったので、高収益。/日本ワインぶどうの父と言われる川上善兵衛さんの熱心な技術指導で栽培が広がった。/昭和30年代に種無しデラウエアが開発され、昭和40年代50年代には爆発的に作られた。/
赤湯ワインの歴史は東北最古。酒井ワイナリーが1892年に創業し、今年で125年。/日本最古は政府の政策で1874年に山梨県。それから20年足らず。/ぶどう・ワインの産地として南陽市は非常に古い。/ワイン副産物である酒石酸が軍で重用された。/ワイナリーは4社になり、今年9月に80年ぶりに新規のワイナリー「グレープリパブリック」が創業し、5社になった。/日本で作られるワインのうち国産ブドウを使ったものはたったの2割。8割は輸入果汁などで作っている。/来年酒税法が改正されGI表示(地理的表示)を厳格化。「日本ワイン」は日本産ぶどう100%のみ。土地名表示は85%以上その土地産。南陽産ワインには追い風。/輸入ワインの関税引き下げなど逆風もある。/
耕作放棄地が増加し、南陽市のぶどう栽培は深刻な危機。/急斜面での栽培は大規模化が困難で敬遠される。/ワイン特区で最低醸造量が緩和され、小規模でも参入可能に。/第1次・2次・3次産業がうまく一体となれば高収益も可能。これが6次産業化/南陽市で耕作放棄地バンクを始め借り手を紹介。/ワイン用ブドウ栽培支援募集プロジェクト 予約販売の紹介/山形県に帰ってきたと実感するのは十分一山のぶどう園の景観。それを守るためにもぶどう栽培再生に協力いただきたい。/将来の運動として苗木の資金援助ファンドを検討している。/市民の運動として働きかけたい。/など

質問

佐々木俊君:耕作放棄地は十分一山の何割くらいあるのか。
山口氏:かつて松林だったところを開墾した場所。昔の測量で正確に分かっていない。現在調査中だが、およそ4割~5割と思われる。

(参考リンク)
南陽市「耕作放棄地バンクを活用した醸造用ぶどう栽培プロジェクト」
http://www.city.nanyo.yamagata.jp/chihousousei/1785.html

支援募集プロジェクト#001 ぶどう栽培者のオリジナルワインで モノ好きなお客様の声に応えたい!
http://www.city.nanyo.yamagata.jp/chihousousei/image/37259download.pdf

2017年11月22日水曜日

11/22大型絵本寄贈が山形新聞記事に

大型絵本寄贈が山形新聞記事に

2017年11月22日
11/17の赤湯幼稚園への大型絵本寄贈が今日の山形新聞に掲載されました。

2017年11月21日火曜日

11/21例会:将来の農業者像 黒澤信彦君

第1326回例会(丸森年度第18回)

2017年11月21日(火)18:30~ ハイジアパーク南陽

ポールハリスフェロー認証

小笠原幸一君,鈴木俊明君

丸森英一会長挨拶

10月27日から始まった大型絵本の贈呈及び読み聞かせは、11月17日市内の七施設を回り終了いたしました。3才児以上を預かっている施設です。当初はインターアクト、ローターアクトに手伝ってもらうつもりでしたが、授業や勤務の関係もあり、結局我々ロータリーで全て行いました。その中で日程の調整を行った横山幹事は大変だったと思いました。また、管野エレクトを始め黒沢君、本間君、高橋真己君、飯塚君そして鈴木俊明君には、ほとんどの施設で読み聞かせを行ってもらい、園児の反応を見ながらの読み聞かせで出色の出気ばえでした。元気な挨拶や手作りのお礼のプレゼントなどをもらい、私達も心が暖かくなるすばらしい社会奉仕活動をさせてもらったと思っています。
さて最近、安全運転管理者の講習を受けてきました。毎年1回の義務講習で時間も朝9時半から夕方4時半までの長時間の講習です。・薄暮時の早目点灯、・老人や子供の飛出し注意(その場合、運転者の注意義務違反が強く過失割合が問われます)などは、いつも言われている事です。その中で特に知っておいてもらいたい事は横断歩道前に渡ろうとする人がいた場合の停止を特に強調されました。ヨーロッパやアメリカでは、ほとんど停止があたりまえになっており、東京オリンピック、パラリンピックを前に、特に取締りに重点を置くとの事です。特に山形県の場合、山形市の横断歩道で調べた時は、50車輌全てが止まらないで通過したとの事で、重点地域として取調べ強化になっている様です。皆様も安全運転義務違反にならない様、十分気を付けて下さい。
今日のプログラムは、(株)黒沢ファームの代表取締役黒沢信彦氏の会員卓話となります。先日の倫理法人会でも講演されている世界の黒沢さんの卓話ですので期待しております。

幹事報告 横山仁幹事

  • 11/7の定例理事会審議事項
    • 東京RCメイクの件アンケート調査中
    • 新目さん11月から休会承認
    • 南陽RC,臨雲RC,南陽JC,南陽ライオンズの忘年会の件 南陽RCは副会長、臨雲RCは幹事、JCは会長エレクト,ライオンズは会長が参加。
  • ソロプチミスト南陽山からチャリティーワインパーティーのお礼状。回覧します。
  • ガバナー事務所から地区大会参加のお礼状。回覧します。
  • 南陽市市制施行50周年記念事業参加のお礼状。回覧します。
  • 地区補助金の大型絵本寄贈がすべて終了。参加して頂いた方に感謝申し上げます。

委員会報告

  • 平林敏男 プログラム委員長・・・1~3月のプログラムある程度固まりました。FAXにて委員会に代えさせていただきます。4~6月のプログラムは2月頃に決めます。
  • 後藤利昭君・・・12/16の私の卓話はAEDの使い方講座を予定しております。

スマイル

  • 平林敏男君・・・本日の内部ゲスト 黒澤氏よろしくお願いします。
  • 小笠原幸一君・・・ポールハリスフェロー第2回目の受託に感謝。
  • 鈴木俊明君・・・1回目のマルチプル・ポール・ハリス・フェロー認証いただきました。一昨日演奏会成功。今度の日曜日には南陽市市制50周年記念の「南陽賛歌 白竜湖」を歌います。
  • 高橋眞己君・・・黒澤さんのお話に期待しまして。
本日4名、合計4千円のスマイルが集まりました。全て社会奉仕事業に使われます。ありがとうございました。

本日のプログラム

会員講話:「将来の農業者像」株式会社黒澤ファーム 代表取締役 黒澤信彦君
(概要)
雑誌「女性自身」の記事「今年の注目ブランド米」/以前は新潟産コシヒカリがどこにも知られたブランド/北海道はコメの宣伝に山形の10倍ほど使っている/北海道「ゆめぴりか」が知名度を上げて、新潟産コシヒカリとほぼ同額の価格/ブランド米の価格はトップが魚沼産コシヒカリ、2位が「ゆめぴりか」、3位が山形県の「つや姫」という状況/「どまんなか」は生産減っているが、米が悪いわけではなく、販売戦略上の問題/新潟は威信をかけて「新之助」を作った。粘りがあり香りが良い。/岩手県「金色の風」が今年デビュー、石川県「にこまる」、滋賀県「みどり豊」など続々/食物検定協会の食味ランキングで「森のくまさん」が特Aを取り、全国に広がった。/島根県の「仁多米」/温暖化の影響で標高が高い場所でもおいしい米が作れるようになった/以前は東日本の米の方が人気があったが、原発事故の影響で西日本の米が注目を集めるようになった/黒澤ファーム「夢ごこち」も唯一個人銘柄として雑誌で推薦していただいた/
「はえぬき」甘味粘りのバランスが良い。吸水性が良くよく膨らむので業務用に人気/「つや姫」甘味強く香り良くのど越し良い。今までなかった食感。/「ゆめぴりか」粘り強くもち米に近い、存在感がある食感/「ササニシキ」はさっぱり系。以前はコシヒカリと並ぶブランドだったが、暑さに弱い。高温で見面が悪くなる事が増え人気が落ちた。
日本人一人当たりのコメ消費が減少。朝食パン派多い。/昭和40年頃は一年間で一人120㎏消費していたのが、今は50㎏程/販売は落ちているがネット販売は増えている。特にスマートフォンからの注文が5割/
国の政策で家畜用餌米へ誘導しているが肥育日数が伸びるなど問題もある/輸出に力を入れる必要がある。一番のターゲットは中国市場/中国はまだ規制が多いが緩和されれば大きい。/
農機具メーカーのクボタとの取り組みを動画で紹介/
生産者が減っている問題/食糧問題とは食べる側の問題。身近で作っているものを食べられる状況がなくなって良いのか、考えていただきたい。/
南陽市で作っている「つや姫」を東の麓さんでお酒に。飲んでみてください。/

質問等

鈴木俊明君:黒澤ファームさんの玄米を食べたら感動的に美味しかった。健康志向などで玄米消費が増えるのでは?
黒澤君:玄米もおいしく炊ける技術が多くなった。玄米消費は増えてはいるが、「銀シャリ」志向が強く、それ程多いわけではない。

高橋眞己君:米の種類が多いと炊き方をどうしたらいいのか。品種に合わせておいしく炊ける炊飯器があるようだが。
黒澤君:電気炊飯器は限界がある。米の芯まで熱を伝えるのが重要。ガスは火力が違う。土鍋でガスで炊くとおいしい。

本間宗一君:黒澤ファームの米を親戚に送ったら、美味し過ぎて他の米が食べられなくなると言われた。ありがとうございました。

懇親会

司会:親睦委員会 佐藤文男 委員長
乾杯:後藤利昭君

2017年11月17日金曜日

11/17社会奉仕事業:赤湯幼稚園へ大型絵本寄贈

赤湯幼稚園へ大型絵本寄贈

2017年11月17日(金)11:10~ 赤湯幼稚園

市内幼児施設に大型絵本を寄贈しています。今日は最終の7件目で赤湯保育園を訪問しました。
参加者:丸森英一 会長,横山仁 幹事,鈴木俊明 クラブ会報・資料保存委員長,長嶋俊二君

贈呈式:丸森会長の挨拶。絵本を子供たちへ。
 贈呈した本の読み聞かせ会を行いました。読み手は鈴木俊明君。
 手作りプレゼントを頂きました。ありがとう。

2017年11月13日月曜日

11/13社会奉仕事業:つばめ幼稚園へ大型絵本寄贈

つばめ幼稚園へ大型絵本寄贈

2017年11月13日(月)13:40~ つばめ幼稚園

市内幼児施設に大型絵本を寄贈しています。今日はその6件目でつばめ保育園を訪問しました。
参加者:丸森英一 会長,横山仁 幹事,本間宗一 社会奉仕委員,鈴木俊明 クラブ会報・資料保存委員長

贈呈式:丸森会長の挨拶。絵本を園長先生へ。

引き続き読み聞かせ会を行いました。園児たちの元気さに圧倒されてしまいました。

みんな絵本をいっぱい読んでね!

2017年11月12日日曜日

11/12地区大会(寒河江市)

2017-2018年度 国際ロータリー第2800地区 地区大会

2017年11月12日(日)寒河江市市民文化会館

地区大会2日目の本会議に参加してきました。

懇親会



11月11日(土)1日目の様子